top of page
検索
  • 川崎自立学習塾

『文化の日』ってどんな日?

こんにちは!

川崎自立学習塾講師の平佐田です。

本日(11/5)は3連休の最終日です。

有意義な休日は過ごせましたか?


今回は、みなさんが知っている有名な祝日だけれど、実はどんな日なのかよく分からない「文化の日」についてご紹介していきます。

11月3日は文化の日

日本の祝日は「国民の祝日に関する法律」によって定められおり、正式には「国民の祝日」といいます。

「国民の祝日に関する法律」は第2次世界大戦後に作られた法律です。

つまり、文化の日も戦後に始まった祝日です。


戦前、文化の日は明治天皇の誕生日を祝う「明治節」と呼ばれた祝日でした。

戦前の祝日は、天皇や皇室の行事にまつわるものが多かったのですが、戦後、新しく祝日を決める際にはその多くが廃止されました。

ただし、すでにその日付が祝日として国民に親しまれていたことから、日付がそのまま残ったものもあります。

11月3日もそのひとつです。


また、当初は11月3日を「憲法記念日」にしようとする動きもあったようです。

しかし、明治天皇の誕生日だった日を、戦後に生まれた新しい憲法を祝う日にすることを、当時日本を占領していたGHQ(連合国軍最高司令官総司令部)は認めませんでした。

その理由は、天皇が国民に与える影響力を弱めようとしていたとも考えられています。

そこで、日本国憲法が平和と文化を重視していることから、新しい名称として「文化の日」が採用されたといわれています。


普段何気なく過ごしている祝日もこのように紐解いてみると、学校で習っている事柄と繋がっているので、面白く捉えられるのではないでしょうか?

一辺倒に勉強していると飽きてしまうので、いつもとは違った勉強法を試してみるのも良いと思います。


川崎自立学習塾ではテスト2週間前から「テスト対策コース」を実施しています!

勉強方法や環境を工夫しながら、一緒に点数UPを目指しましょう!

0件のコメント

最新記事

すべて表示

一陽来復:希望のメッセージ

皆さん、こんにちは。 川崎自立学習塾講師の宮田です! 春の訪れと共に新たな学年が始まり、新しい章が開かれるこの時期は、まさに「一陽来復」の精神が息づく瞬間です。 冬の寒さを乗り越え、温かい陽の光が再び戻ってくるこの四字熟語は、どんなに厳しい冬の時期も終わりがあり、その後には新しい始まりがあることを象徴しています。 新学期、新たな挑戦 新しい学期のスタートは、過去の挑戦や経験を振り返り、成長のための

日本と世界の平和の象徴の違い

皆さん、こんにちは! 川崎自立学習塾講師の宮田です! 今からちょうど8年前の2016年4月14日に熊本地震が発生しました。 地震などの自然災害に限らず、私たちの生活がいつまでも安全であるとは言い切れません。 そこで、今回は「日本と世界の平和の象徴の違い」についてお話しします。 日本の平和の象徴:千羽鶴 まず、日本の代表的な平和の象徴である「千羽鶴」から始めましょう。 千羽鶴は、一つの願い事を叶える

新年度 新たな一歩に向けて

みなさん、こんにちは! 川崎自立学習塾塾長の及川です。 2024年4月。 いよいよ新年度が始まりましたね! 新たな一歩を踏み出すこの季節は、期待と不安が入り混じり、ワクワクしながらも少し緊張しますよね。 新しい勉強や習い事に取り組むとき、「楽しそう!」と思う人もいれば、「ちゃんとついていけるか心配……」と思う人もいるかもしれません。 今回は、新年度に向けての心構えや準備しておくことについて考えてみ

Comments


bottom of page