top of page
検索
  • 川崎自立学習塾

"受験"を練習して成功させよう!

こんにちは。

川崎自立学習塾塾長の及川です。

 

あと一週間ほどで、いよいよ新年度が始まりますね!

新しい学校、新しいクラス。

担任の先生やクラスメイトがどんな人になるのか、とても気になりますよね!

 

4月といえば

川崎市の中学生は、新年度が始まってすぐの4月に『新・川崎市学習状況調査(旧・川崎診断検査=川診)』という学力テストを受けることになっています。

(『川崎診断検査』という名前の時は、毎年11月に実施されていました。)

 

このテストの結果は学校成績に関係ない為、わざわざテスト対策をする人もあまりいません。

しかし!

じつは、この新・川崎市学習状況調査の結果は中学校側で管理しており、点数・順位・偏差値などはデータとして残されています。

 

これにどんな意味があるのか、みなさんは分かりますか?

 

定期テストと学力テストの違い

『定期テスト』は『学校の先生が教えたことをどのくらい理解しているのかを試すテスト』であり、

『学力テスト』は『今まで習ったことが知識としてどのくらい定着しているのかを試すテスト』です。

 

高校受験の入試問題も、新・川崎市学習状況調査も、どちらも『学力テスト』の分類になります。

つまり、学校の先生が生徒それぞれに合った進路先を考えるとき、真っ先に参考にするのがこの新・川崎市学習状況調査の結果なのです。

 

川崎市内の全中学生を対象としたテストなので、学校内順位だけでなく、川崎市内の順位・偏差値を知ることができます。

これは学校の先生にとって、とても貴重なデータとなります。

 

志望校を決めるときの材料に

中学2年の後期あたりから、ちらほらと志望校の話が出てくると思います。

 

公立高校を受験する場合は『調査書(通知表の5段階評価などの記録)』と『学力検査(筆記試験)』の結果で合否が決まりますが、学力検査でどのくらいの点数がとれるかは偏差値を見ればだいたいわかります。

必ずとは言い切れませんが、学校の先生が進路先を提案するときに新・川崎市学習状況調査の結果を参考にする可能性はとても高いです。

 

新・川崎市学習状況調査で少しでもいい結果を残しておけば、自分では考えもしなかった進路先が見つかるかもしれません!

 

慣れれば慣れるほど難易度は下がる

たとえば、42.195kmのフルマラソン大会に挑戦しようと思ったとき、まずは体力づくりや短い距離のランニングから始めますよね?

少しずつ身体を慣らしていき、ペースを掴んでから大会本番に臨むはずです。

 

これは受験も同じ。

練習やシミュレーションを重ねれば重ねるほど、本番の成功率は高くなります。

 

受験の練習とは

受験の練習にあたるのが学力テストです。

 

川崎自立学習塾では毎月学力テストを実施しており、偏差値・苦手な問題の傾向・克服のためのヒントなどがわかります。

また、学力テストを受験した人全員に強化問題集(数学/英語/国語)も付いてきます。

 

塾生でなくても誰でも申し込めますので、気になった方はぜひお問い合わせください!

0件のコメント

最新記事

すべて表示

一陽来復:希望のメッセージ

皆さん、こんにちは。 川崎自立学習塾講師の宮田です! 春の訪れと共に新たな学年が始まり、新しい章が開かれるこの時期は、まさに「一陽来復」の精神が息づく瞬間です。 冬の寒さを乗り越え、温かい陽の光が再び戻ってくるこの四字熟語は、どんなに厳しい冬の時期も終わりがあり、その後には新しい始まりがあることを象徴しています。 新学期、新たな挑戦 新しい学期のスタートは、過去の挑戦や経験を振り返り、成長のための

日本と世界の平和の象徴の違い

皆さん、こんにちは! 川崎自立学習塾講師の宮田です! 今からちょうど8年前の2016年4月14日に熊本地震が発生しました。 地震などの自然災害に限らず、私たちの生活がいつまでも安全であるとは言い切れません。 そこで、今回は「日本と世界の平和の象徴の違い」についてお話しします。 日本の平和の象徴:千羽鶴 まず、日本の代表的な平和の象徴である「千羽鶴」から始めましょう。 千羽鶴は、一つの願い事を叶える

新年度 新たな一歩に向けて

みなさん、こんにちは! 川崎自立学習塾塾長の及川です。 2024年4月。 いよいよ新年度が始まりましたね! 新たな一歩を踏み出すこの季節は、期待と不安が入り混じり、ワクワクしながらも少し緊張しますよね。 新しい勉強や習い事に取り組むとき、「楽しそう!」と思う人もいれば、「ちゃんとついていけるか心配……」と思う人もいるかもしれません。 今回は、新年度に向けての心構えや準備しておくことについて考えてみ

Comments


bottom of page