top of page
検索
  • 川崎自立学習塾

国語ってどう勉強するの?

みなさん、こんにちは!

川崎自立学習塾講師の平佐田です。

 

早いもので、2月ももうすぐ終わり、新学期を見据える時期がやってきました。

今回は、みなさんも困ったことがある・困っているであろう「国語の勉強法」をお話したいと思います。

 

国語の難しさ

国語は数学のように「この単元ではこの公式を使う」など明確な設定がありません。

例えば「小説・評論・古文」など中学3年間通して同じような項目を学習していきます。

「これを覚えた・使えるようになった」→「正解出来る」の道筋がはっきりとは存在しません。

なので、どうすれば良いのか分からなくなってしまいます。

 

勉強法・積み上げておくメリット

結論から言うと、書店などで売っている「薄くて、少し易しいと感じる」問題集を一冊やってみて下さい。

薄い=1週間位で終わる、少し易しい=今の学年より1つか2つ下位です。

取り組む上でのポイントは「設問の意図を考える」「どう選択肢を選べば良いのか」をしっかり納得するまで問題と解説に向き合うことです。

 

国語は書いてあることが「なんとなく」分かるので「なんとなく」答えてしまいがちな科目です。

そこを英語や数学のように答えを出せるようになると、定期テストでも模擬試験でも点数UPすることが出来ます。

 

国語は一朝一夕で学力を上げるのは難しい科目です。

ですが、時間をかけてコツコツ取り組めば、周りと差をつけられる科目であるとも言えます。

 

 

川崎自立学習塾では、土日も含めて勉強することが出来ます!

新学期の素晴らしいスタートダッシュに向けて共に頑張りましょう!

0件のコメント

最新記事

すべて表示

一陽来復:希望のメッセージ

皆さん、こんにちは。 川崎自立学習塾講師の宮田です! 春の訪れと共に新たな学年が始まり、新しい章が開かれるこの時期は、まさに「一陽来復」の精神が息づく瞬間です。 冬の寒さを乗り越え、温かい陽の光が再び戻ってくるこの四字熟語は、どんなに厳しい冬の時期も終わりがあり、その後には新しい始まりがあることを象徴しています。 新学期、新たな挑戦 新しい学期のスタートは、過去の挑戦や経験を振り返り、成長のための

日本と世界の平和の象徴の違い

皆さん、こんにちは! 川崎自立学習塾講師の宮田です! 今からちょうど8年前の2016年4月14日に熊本地震が発生しました。 地震などの自然災害に限らず、私たちの生活がいつまでも安全であるとは言い切れません。 そこで、今回は「日本と世界の平和の象徴の違い」についてお話しします。 日本の平和の象徴:千羽鶴 まず、日本の代表的な平和の象徴である「千羽鶴」から始めましょう。 千羽鶴は、一つの願い事を叶える

新年度 新たな一歩に向けて

みなさん、こんにちは! 川崎自立学習塾塾長の及川です。 2024年4月。 いよいよ新年度が始まりましたね! 新たな一歩を踏み出すこの季節は、期待と不安が入り混じり、ワクワクしながらも少し緊張しますよね。 新しい勉強や習い事に取り組むとき、「楽しそう!」と思う人もいれば、「ちゃんとついていけるか心配……」と思う人もいるかもしれません。 今回は、新年度に向けての心構えや準備しておくことについて考えてみ

תגובות


bottom of page